POST

Society

日本農芸化学会中四国支部 第23回講演会

【日時】

2009年1月24日(土)

 

【演題】

β-1,3-1,6-グルカンの特異的定量に適したβ-1,3-グルカナーゼとβ-1,6-グルカナーゼの特徴

 

【演者】

清野由佳1、宮脇香織1,2、寺尾啓吾 1、松岡靖子 1、池上裕倫1,2、村松久司1、永田信治 1

(1高知大農・応用微生物、2ソフィ)

 

【目的】

食品中のβ-グルカンは、混在するα-グルカンを酵素分解した後に、残った多糖を酸加水分解して定量される。しかし、機能性に富むβ-1,3-1,6-グルカンだけを定量するには、β -1,3とβ-1,6 結合に特異的で、種々のβ-グルカンに反応性が高いβ-グルカナーゼが必要である。さらに、β-グルカナーゼ生産菌がセルラーゼやα-グルカンの分解活性を持たなければ都合が良い。本研究では、これらのβ-グルカンを特異的に分解する細菌を探索し、生産されるβ-グルカナーゼの特徴を明らかにした。

 

【方法・結果】

強いカードラン分解活性を示しαグルカン分解活性を持たないMitsuaria chitosanitabida (H1) は、ラミナリンやリケナンと強く反応するβ-1,3-グルカナーゼを生産した。また、パスツランの分解活性が強く、αグルカン分解活性を示さないStreptomyces omiyaensis (SY26)は、H1に比べて弱いラミナリン分解活性も有し、2種類のβ-グルカナーゼを生産すると思われる。両菌のグルカナーゼを用いた最適条件下で、黒酵母や担子菌のβ-1,3-1,6-グルカンを定量することができた。

Back To Top