POST

Society

日本農芸化学会中四国支部 第23回講演会

【日時】

2009年1月24日(土)

 

【演題】

ソフィβ-グルカンの便秘改善効果とその食品利用

 

【演者】

野村晴香1、池上裕倫2,3、長瀧充1,3、吉田仁実 4、山本満寿子 4、笹岡京子4,5、山本恵子4,5、 永田信治 2 、吾妻健 2

(1高知大医・看護、2高知大農・応用微生物、3ソフィ、4夢の里、5ふるさと自然村)

 

【目的】

ソフィβ-グルカンはAureobasidium pullulans の発酵産物で、主成分として水溶性β-1,3-1,6-グルカンを含む。β-グルカンは水分保持力に優れ、便秘症状を緩和する効果が期待できる。本研究では、ソフィβ-グルカンの食品形態への応用と、便秘傾向の強い若年女性と高齢者を対象にした便秘の改善効果について検討を行った。

 

【方法・結果】

若年女性10名と高齢者30名に、1日45ml のソフィβ-グルカンを2週間摂取させ、摂取前後の便秘症状を日本語版便秘評価尺度(CAS)で評価した。また、ソフィβグルカンを添加したゼリーを高齢者9名に4週間摂取させ、1週間毎に便秘症状を評価した。その結果、若年女性では全員のCASの値が減少し7.6から2.4に改善した。摂取によって便の回数、排便時の肛門の痛み、便の排泄状況を改善した。高齢者では24名でCASの値が減少し、便秘症状の緩和がみられた。便の排泄状況や直腸での便の充満感が改善され、CASの平均値も4.2から1.9に改善した。ゼリー摂取時でも同程度の改善効果が見られ、ゼリー状に加工しても生理作用が失われなかった。

Back To Top