POST

Society

第31回 四国臨床栄養研究会

【日時】

2007年3月10日(土)

 

【演題】

ソフィβ-グルカンの経口投与によるTh1誘導能

 

【演者】

㈱ソフィ・研究開発部1),高知大学医学部外科学2),環境保健学3)

高本美佐1),○長瀧 充1),矢野弘子1),スシジウイックラマシンハ3),渡部嘉哉1),溝渕俊二2), 吾妻 健3)

 

【目的・方法・結果】

ソフィβ-グルカンは Aureobasidium pullulans が産生するβ-1,3-1,6-グルカンを主成分としている。我々はマウスに本品の経口投与を行いその効果を検討した。その結果、血清中のIFN-γ 上昇、つまりTh1誘導能が認められた。そこで、Th1優位な状態で治癒することが知られているリーシュマニア感染症に対する効果を検討した。ソフィβ-グルカンを感染2週間前から実験終了時まで投与し、感染実験を行ったところ、感染に伴う腫脹が有意に抑制された。さらに認識機序を解析する目的でTLR4に焦点を絞り解析した。TLR4に点変異が生じてリガンドに反応性を示さないC3H/HeJマウスとその遺伝的背景であるC3H/HeNマウスに感染実験を行ったところ、投与を行ったC3H/HeNマウスの腫脹のみ抑制された。つまり、ソフィβ-グルカンによる免疫系の活性にはTLR4が関与していることが示唆された。

Back To Top