POST

Society

第37回 日本免疫学会総会・学術集会

【日時】

2007年11月20日(火)

 

【演題】

ソフィβ-グルカンによる免疫賦活効果の検討/A study of immunostimulation effect by Sophy beta-glucan

 

【演者】

高本美佐1,2,矢野弘子1,2,谷脇千穂1,2,長瀧充1,2,Susiji Wickramasinghe1,2,渡部嘉哉1,2,溝渕俊二3 ,都留英美4 ,古谷正人4 ,吾妻健1 (1高知大・医・環境保健学, 2 (株)ソフィ・研究開発部,3高知大学・医・臨床看護学講座, 4総合研究センター・動物資源開発分野)

 

【目的・方法・結果】

今回我々は、きのこや酵母由来のβ-グルカンとは異なる、Aureobasidium pullulansが菌体外に産生する水溶性というユニークな特徴を持つソフィβ-グルカンの免疫賦活効果について検証し報告を行う。本研究では、Th1優位な状態で治癒することが知られているマウスLeishmania (L.)感染症モデルを用いて、ソフィβ-グルカンの機能および生体内での認識機構について検討を行った。本原虫に感受性が高いBALB/cマウスに5%ソフィβ-グルカンを感染2週間前から実験終了まで自由飲水させながら、原虫をフットパッドに感染させ、感染に伴う患部の腫脹を経時的に計測する方法で、まず本物質の機能を検証した。その結果、L.major 感染では感染後4週目から、L.amazonensis 感染では感染後2週目から患部の腫脹が有意に抑制された。また、感染後5週目の感染部位の原虫数を限界希釈法で調べた結果、対照群に比してL.major 感染で約1/15に、L.amazonensis 感染では約1/85に抑制されていることが判明した。 また、β-グルカンの認識機構としてToll-like receptor 4(TLR-4)が報告されていることから、ソフィβ-グルカン受容体としてTLR-4の関与について検証を試みた。TLR-4に点変異が生じているためにリガンド結合性を有しないC3H/HeJマウス(HeJ)とその遺伝的背景であるC3H/HeNマウス(HeN)を用いて上述と同様の感染実験で検討した。その結果、HeNではソフィβ-グルカン投与群で感染に伴う腫脹が顕著に抑制されたが、HeJでは有意な差がなかった。以上の結果から、ソフィβ-グルカンは宿主Th1免疫を誘導し、認識にはTLR-4が関与していることが示唆された。さらに、ソフィβ-グルカンによるLeishmania 原虫増殖抑制効果の機序についても解析を進めている。Leishmania 原虫排除時にマクロファージ(Mφ)が産生するNOがエフェクター分子として重要な役割を担っていることが知られている。現在HeJおよびHeNマウス腹腔内誘導Mφを材料にソフィβ-グルカンのNO産生に及ぼす効果についての検討を行っており、この点についても併せて報告を行う。

Back To Top