POST

Society

2010年度日本農芸化学会中四国支部大会

【日時】

2010年9月24日(金)

 

【演題】

機能性β-1,3-1,6-グルカンを特異的に分解する微生物の分離と評価

 

【演者】

松岡靖子1、清野由佳 1、和田いくみ 1、宮脇香織1,2、中谷麻衣1,2、 村松久司 1、永田信治 1

(1高知大・農、 2ソフィ)

 

【目的】

酵母や担子菌、藻類を形作り、黒酵母が菌体外で生産するβ-1,3-1,6-グルカン は、凝集性、保水性、増粘性や免疫賦活化などの生理活性を有する多機能性多糖である。 この多糖を分解する酵素はβ-1,3-グルカナーゼとβ-1,6-グルカナーゼであり、自然界に 生息する様々な微生物に分布している。しかし、基質特異性が高くて、高分子多糖の複雑 な立体構造に阻まれて、強い分解活性を示す酵素が少ない。本研究では、β-1,3-、β-1,6- グルカナーゼ活性を持つ微生物の探索法を検討し、単離した分解菌の分解活性を評価した。

 

【方法・結果】

土壌試料を分離源として、パン酵母、リケナン、カードラン、パスツラン、 黒酵母 β グルカンを添加した寒天培地で育成するコロニーから、ハロ形成やコンゴーレッド染色法によってβ グルカン分解活性を持つ菌を選択した。カードランやパスツラン、 黒酵母 β グルカンの培地で顕著な分解活性を示した細菌 H1、放線菌 SY26、真菌 BRN、 放線菌 IKM 等を分離した。H1はβ-1,3-グルカナーゼ活性、SY26 と BRN はβ-1,3とβ-1,6- グルカナーゼ活性を持ち、共に α グルカンの分解活性が弱い。反応様式や生成物は薄層クロマトで確認し、β グルカン分解菌が持つグルカナーゼの種類や変化を調べた。特に黒酵母 β グルカン培地でハロを形成する微生物に、顕著な β グルカン分解活性が期待される。

Back To Top